天命鑑定に必要な事は?

1.誕生日、誕生時刻

○かならず母子手帳に記載された誕生時刻が必要です。

○ヘソの緒と一緒に記載されている時間、ご両親が記憶している時間は使用できません。

○母子手帳に記載された誕生時刻の修正をおこないます。(詳しくは、「誕生時刻とは?」をご覧ください)

○誕生時刻がわからない場合は、「誕生時刻選定鑑定」を同時に受ける必要があります。

○相性診断のみの場合は誕生時刻がわからなくても診断可能です。

 

2.誕生した場所

詳細の住所が必要です。緯度経度を調べます。

 

3.誕生した時の状況

病院(個人病院、総合病院など)、助産院、自宅出産など「出産が重なり忙しそうであった」など、その時の状況がわかりましたらお知らせ下さい。誕生時刻修正の参考にさせていただきます。

 

4.性別、職業、地位

惑星、星座などが指し示す意匠をお客様に合った言葉で表現するための参考にさせていただきます。

 

5.過去の主な出来事

○主立った過去の出来事を5~7項目程度必要です。

○必ず「年月日」までの情報が必要です。(一日ずれるだけで、誕生時刻が数分ずれる場合があります)

◆「主な出来事」について◆

○引っ越しした日、あるいは引っ越し先の家で初めて飲食した日

○入籍、離籍した日(役所への届出日)

○子どもが生まれた日

○海外旅行へ行った日

○入院した日、手術した日

○事故に会った日

○苦労して取得した免許や資格の合格発表日

○人事異動(転勤、昇進、左遷など辞令のあった日)

○就職した日(正規雇用、もしくはフルタイム勤務)、起業した日

○退職した日(正規雇用、もしくはフルタイム勤務)

○解雇になった日(正規雇用、もしくはフルタイム勤務)

○両親、兄弟、子どもの亡くなった日

○苦労せず思いがけない大金を手に入れた日(宝くじ、ギャンブル、遺産など)

 

これらの項目の中から、

 

1.異なった5~7項目

2.年月日までわかる

 

ものを選択してください。